花粉症の治療法

花粉症に悩む人が増えるのと同時に、それを解決すべく色々な花粉症治療法が開発されてきました。花粉症になってしまったものは仕方がありません。後は少しでも早く治せる方法を考えるべきです。
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。アレルギーは放置しているとどんどんひどくなります。ひどくなるとさらに花粉へ敏感になってしまい、敏感になったせいでさらにひどくなる...こんな悪循環に陥ってしまいます。この"花粉症スパイラル"を少しでも早く打開するための方法はただひとつ。それは症状が軽いうちに一刻も早く何らかの対処をすることです。
花粉症の治療法は色々な方法があります。まずは医学的に治療する方法から見ていくことにしましょう。
花粉症を医学的に治療する方法として代表的なものは「抗ヒスタミン剤」「ステロイド投与」「減感作療法」「レーザー手術」などがあります。それではこれらの治療法について詳しく解説いたします。
まずは抗ヒスタミン薬について。これは花粉症になってしまった際の症状であるくしゃみや鼻水などを抑える薬です。具体的にはこれらの症状を引き起こす命令を脳から出させなくするようになっており、花粉症の症状を緩和することが出来ます。ちなみにくしゃみや鼻水という症状は風邪にも似た症状が見られます。そのため、風邪薬にも抗ヒスタミン薬が入っていることが普通で、花粉症に関わりがない人も知らない間にこの薬のお世話になっているかも知れません。
次にステロイド。これも有名な花粉症治療法のひとつです。薬の効き目が強いので、先ほどの抗ヒスタミン薬では歯が立たないというレベルの花粉症に効果があります。但しステロイドは効き目も強いですが副作用についての指摘も古くからなされており、使用の際には局所投与や注射の分量を調節するなどの工夫が必要になります。医師に相談しながら身長に行うのが良いでしょう。
3つ目は減感作療法。これは先ほどの抗ヒスタミン薬やステロイドと全く違う考え方の治療法です。これらの薬は直接効果があるのに対して、減感作療法はアレルギーを起こす物質をわざと少しずつ投与して耐性を高めるという治療法です。人間の自然な力を利用するので安全ですが、時間がかかります。
最後にレーザー治療。これは薬とは違って物理的な治療法です。花粉症はアレルゲンに対して過敏に反応してしまうことが原因ですから、粘膜そのものを軽くレーザーで焼いて"鈍感"にすることによって症状を抑えるというものです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 花粉症の治療法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://pollinosis.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/429

コメントする

このブログ記事について

このページは、 ippoが2009年2月 8日 11:05 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花粉症の対策:漢方」です。

次のブログ記事は「花粉症予防の方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。