花粉症の対策:漢方

花粉症に悩んでいるのは万国共通で、日本だけの話ではありません。

中国でも花粉症に悩んでいる人は数多くいます。

アレルギー性鼻炎については漢方でも研究が進んでおり、優れた治療法が存在します。漢方に代表される東洋医学は、症状に対してそれを鎮める治療を行うというよりは時間をかけて体質を改善するという考え方で成り立っているので、アレルギー性鼻炎のように体質からくる病気にはむしろ東洋医学のほうが適しているかも知れません。
さて、東洋医学と言えば漢方薬とツボです。これらは東洋医学によって体質を改善するために実際に使われる手段ですが、それでは東洋医学では花粉症になっている状態のことをどう診断するのでしょうか。
花粉症になるとくしゃみや鼻水が止まらなくなります。この状態を東洋医学では「水毒」と言います。アレルゲンによって鼻や目が刺激されて余分な水があふれ出てくる状態が水の毒という言葉になったのでしょう。それではこの「水毒」を改善する治療法をご紹介しましょう。
まずは漢方から。「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」「柴胡桂枝湯」「防已黄耆湯」...これらの漢方薬はどれも鼻水やくしゃみのトラブルを抑える働きを持っています。つまり水毒を鎮める働きがあります。それではなぜ4つも漢方薬があるのかと言いますと、それぞれは症状や飲む人の体型に合わせて分類されています。当帰芍薬散と桂枝茯苓丸は鼻水とくしゃみに効きますが、前者は痩せ型、後者は太り気味の人に合うように作られています。柴胡桂枝湯、防已黄耆湯はさらに症状が重くて微熱や関節痛があったりかゆみが強い時に処方されます。これも前者が痩せ型の人に、後者は太り気味の人に適しています。
次に東洋医学の双璧であるツボ。体にはたくさんのツボがあり、それぞれのツボは特定の部分の健康に大きな関わりがあるとされています。ツボも漢方薬と同様にすぐに効果が出るというものではなく、ツボ刺激を続けることによって徐々に体質を改善していきます。
まずは「合谷(ごうこく)」。これは手の甲の親指と人差し指の骨の付け根が合っている部分で、他のあらゆる症状に効く万能的なツボということで知られています。免疫機能を高める働きがあるので、花粉症以外のあらゆるトラブルに効きます。刺激のしかたはもう一方の手で挟むようにします。次に「三陰交(さんいんこう)」。自律神経の働きを良くするツボなので、体の調子を整えて花粉症を撃退します。場所は足の内側にあるくるぶしを太い骨に沿って指3本分上がったところです。指の先で刺激するというよりはこのあたり一帯をまんべんなく刺激するのが確実です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 花粉症の対策:漢方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://pollinosis.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/430

コメントする

このブログ記事について

このページは、 ippoが2009年1月10日 03:26 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花粉の侵入を食い止めるために有効なガード用品」です。

次のブログ記事は「花粉症の治療法」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。