花粉症の薬

花粉症に効きます、という薬はたくさんの商品が薬局で売られています。

これらの薬は医師の処方を必要としない市販薬です。

市販薬である程度の効果が望めるなら忙しい人でも簡単に対処が出来ますから、花粉症の際に利用する市販薬についてお話したいと思います。
市販薬は内服薬、つまり口から飲む薬と患部に直接使用する点眼薬・点鼻薬に分けられます。点眼薬・点鼻薬というと難しい表現ですが、要するに目や鼻に直接使用する薬ということです。それではこれらの分類を踏まえつつ、市販薬を具体的にご紹介します。
まずは内服薬から。内服薬の大半は抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミン薬については別の項で詳しく述べていますのでそちらを参照して下さい。そこでもお話しましたように抗ヒスタミン薬は風邪薬にも使用されているものが多く、花粉症の市販薬を見ても風邪薬と同じ名前のブランドを散見することが出来ます。その筆頭が「パブロン」。パブロンというと風邪薬にも同名のものがありますが、これは「パブロン鼻炎カプセルS」という商品です。つまり同じように抗ヒスタミン薬を使っていても花粉症に特化した薬だということです。これもよく名前を耳にする薬として「アルガード鼻炎ソフトカプセル」という薬があります。これは内服薬ですがカプセルの中に顆粒状の粉末が入っているのではなく、ドロッとした液体が入っているので胃の中で溶けやすく効き目が早いというのが売りです。
なお、これらの内服薬についてはひとつ注意事項があります。先ほどからお話しているように花粉症の薬と風邪薬はどちらにも抗ヒスタミン薬が配合されています。抗ヒスタミン薬は適量を守らないとリスクがあるので、同時に飲むのは避けましょう。
次に点眼薬・点鼻薬です。こちらも患部に直接使用するということで使い方が異なるものの、抗ヒスタミン薬がメインとなっています。「アルガード」「サンテALクール」「アイリスAGクール」・・・これらはどれも抗ヒスタミン薬です。それだけではなく、さらに抗アレルギー薬であるクロモグリク酸ナトリウムが配合されている薬もあります。先ほどの薬では効果が見られないという場合にはこちらを使用することになります。当然ですが、さらに配合されている薬剤が多くなっているため価格は高めです。
市販薬は医師の処方がいらないということで素人が自分の判断で使用することが大いに考えられます。そのため、副作用のリスクが指摘されているステロイドを使用した薬は見られません。そのため、比較的安心して利用しても問題ないと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 花粉症の薬

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://pollinosis.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/431

コメントする

このブログ記事について

このページは、 ippoが2008年11月12日 15:49 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花粉症が起こるメカニズム」です。

次のブログ記事は「花粉の侵入を食い止めるために有効なガード用品」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。